The gift of the magi

ONE dollar and eighty-seven cents. That’s was all. And sixty cents of it was in pennies.
1ドルと87セント。それがすべてだった。そのうちの60セントは小銭だった。
Pennies saved one and two at a time by bulldozing the grocer and the vegetable man and the butcher until one’s cheeks burned with the silent imputation of parsimony that such close dealing implied.
小銭は1,2枚くらい浮かせて、惣菜売り場や八百屋や肉屋の人に無理やり負けさせて、無言の非難で頬が赤くなるほどでした。
Three times Della counted it. One dollar and eighty-seven cents. And the next day would be Christmas
デラは3回数えた。1ドルと87セント。明日はクリスマスなのに。
There was clearly nothing to do but flop down on the shabby little couch and howl. So Della did it.
まったくというほど、貧しさに長椅子に飛び込んで叫ぶしかありません。なので、デラはそうしました。
Which instigates the moral reflection that life is made up of sobs, sniffles, and smiles, with sniffles predominating.
人生は大泣きと、すすり泣きと、そして笑顔でできていて、ほとんどがすすり泣きなのだと思いました。
While the mistress of the home is gradually subsiding from the first stage to the second, take a look at the home.
家庭の主婦が第1段階から第2段階に移るまで、この家を見ておきましょう。
A furnished flat at $8 per week. It did not exactly beggar description, but it certainly had that word on the lookout for the mendicancy squad.
家具付きのアパートは1週間に8ドル。そこまで貧しくはないけど、貧しいと言わざるを得ない。
In the vestibule below was a letter-box into which no letter would go, and an electric button from which no mortal finger could coax a ring.
玄関の下にあるのは、手紙が入っていない郵便受け。呼び鈴はありましたが、人の手では鳴らせそうにありません。
Also appertaining thereunto was a card bearing the name “Mr. James Dillingham Young.”
その上に“ミスター・ジェームズ・ディリングハム・ヤング”と書かれた名刺がありました。
The “Dillingham” had been flung to the breeze during a former period of prosperity when its possessor was being paid $30 per week.
ディリングハムという文字は週に30ドル収入が入っていたときはそよ風にはためいてました。
Now, when the income was shrunk to $20, though, they were thinking to a modest and unassuming D. But whenever Mr. James Dillingham Young came home and reached his flat above he was called “Jim” and greatly hugged by Mrs. James Dillingham Young, already introduced to you as Della. Which is all very good.
それが今や、収入が20ドルに減った。けれども、彼らは謙虚に謙遜に「D」一文字に縮めようかと考えているようでした。でも、ジェームズ・ディリングハム・ヤングさんが帰宅してアパートに着くといつも、先に紹介したデラというジェームズ・ディリングハム・ヤング夫人がジムと呼び強く抱きつきます。大変結構なことです。
Della finished her cry and attended to her cheeks with the powder rag.
デラは泣き止むとパフで頬の化粧崩れを直しました。
She stood by the window and looked out dully at a gray cat walking a gray fence in a gray backyard.
デラは窓のそばに立ち、ぼんやりと灰色のネコが灰色の裏庭で灰色のフェンスを歩いているのを見た。
Tomorrow would be Christmas Day, and she had only $1.87 with which to by Jim a present.
明日はクリスマスだというのに、それなのにデラは1ドル87セントしかジムにプレゼントを買うお金を持っていない。
She had been saving every penny she could for month, with this result.
1か月ずっとお金を貯めていたのに、結果がこれです。
Twenty dollars a week doesn’t go far.
毎週20ドルじゃ足りない。
Expenses had been greater than she had calculated. They always are.
支出はデラが計算したより多くありました。支出はいつもそんな感じでした。
Only $1.87 to buy a present for Jim. Her Jim.
ジムにプレゼントを買うためのお金が1ドル87セントしかありません。彼女のジムに。
Many a happy hour she had spent planning for something nice for him.
ジムのためになにか素敵なことを考えているデラはとても幸せな時間でした。
Something fine and rare and sterling—something just a little bit near to being worthy of the honor of being owned by Jim.
なにか最高でまれなものを。なにかジムの近くにいられる価値のあるものを。
There was a pier glass between the windows of the room. Perhaps you have seen a pier glass in an $8 flat. A very thin and very agile person may, by observing his reflection in a rapid sequence of longitudinal strips, obtain a fairly accurate conception of his looks. Della, being slender, had mastered the art.
部屋の窓の間には鏡がありました。おそらく、8ドルのアパートで見たことがあるでしょう。とても細くて身軽な人が、(縦長の体を素早く映して)全身を見ることが出来るのでしょう。デラは、(スレンダーで)その技術を会得していました。
Suddenly she whirled from the window and stood before the glass. Her eyes were shining brilliantly, but her face had lost its color within twenty seconds. Rapidly she pulled down her hair and let it fall to its full length.
突然彼女は窓からくるりと向きを変え、鏡の前に立ちました。彼女の目はキラキラ輝きましたが、20秒経たないうちに顔色を失っていました。素早く髪の毛を押さえ、下まで垂らしました。
Now, there were two possessions of the James Dillingham Youngs in which they both took a mighty pride.
今や、ジェームズ・ディリングハム・ヤング家には二つ誇れるものがあります。
One was Jim’s gold watch that had been his father’s and his grandfather’s.
一つは今はジムの金の時計でジムの父と祖父が持っていたものです。
The other was Della’s hair. Had the queen of Sheba lived in the flat across the airshaft, Della would have let her hair hang out the window some day to dry just to depreciate Her Majesty’s jewels and gifts.
もう一つは、デラの髪です。シバの女王が通風孔の向こうに住んでいたとして、デラが濡れた髪を窓の外で垂らして乾かそうとしたら、宝石や贈り物は価値がなくなっていたことでしょう。
Had King Solomon been the janitor, with all his treasures piled up in the basement, Jim would have pulled out his watch every time he passed, just to see him pluck at his beard from envy.
ソロモン王が用務員だったころ、彼の宝は地下に積まれており、ジムが通り過ぎるときに時計を引き出すとき、王はうらやましく思うことでしょう。
So now Della’s beautiful hair fell about her rippling and shining like a cascade of brown waters. It reached below her knee and made itself almost a garment for her.
それで今やデラのきれいな髪は褐色の水のように波打ち、デラの膝の上を輝きながら落ちていきました。
And then she did it up again nervously and quickly. Once she faltered for a minute and stood still (,)while a tear or two splashed on the worn red carpet.
そしてその時、デラは神経質に素早く髪をかきあげました。一度デラちょっとの間ためらい立っていました。涙が一滴二滴擦り切れた赤いカーペットに落ちました。
On went her old brown jacket; on went her old brown hat.
着古した茶色のジャケットっと、着古した茶色の帽子を身に着けて。
With a whirl of skirts and with the brilliant sparkle still in her eyes, she fluttered out the door and down the stairs to the street.
ひらひらのスカートをはいて目に涙をためながら、デラは勢いよくドアを開けて、階段を降り街に出ました。
Where she stopped the sign read: “Mme. Sofronie. Hair Goods of All Kinds.”
デラは止まって標識を読みました。「マダム・ソフロニエ。ヘア用品揃ってます」と書いてありました。
“Will you buy my hair?” asked Della. “I buy hair,” said Madame. “Take yer hat off and let’s have a sight at the looks of it.”
デラは「私の髪を買ってくれませんか?」と聞きました。マダムが「買います」と言い、「帽子を取って見せてください」と言いました。
Down rippled the brown cascade. “Twenty dollars,” said Madame, lifting the mass with a practised hand. “Give it to me quick,” said Della.
褐色の滝が落ちていきました。「20ドルよ」と手慣れた感じに髪を持ち上げマダムが言いました。「早くください」とデラが言いました。
Oh, and the next two hours tripped by on rosy wings.
ああ、あとバラのような翼に乗って2時間が経っていました。
Forget the hashed metaphor. She was ransacking the stores for Jim’s present.
わかりにくい例えは忘れましょう。デラは店の中をジムのプレゼントになりそうなものを探していました。
She found it at last. It surely had been made for Jim and no one else.
デラはついに見つけました。それは確かにジムのためだけに作られたものでした。
There was no other like it in any of the stores, and she had turned all of them inside out.
他の店にはよさそうなものはありませんでした。そしてデラはすべてのものをひっくり返して見たのです。
It was a platinum fob chain simple and chaste in design, properly proclaiming its value by substance alone and not by meretricious ornamentation—as all good things should do.
それは質素で落ち着いたデザインのプラチナの時計鎖でした。ごてごてしたものではなく、素材だけが上品さを主張していました。すべてのものがそうであってほしいですが。
It was even worthy of The Watch. As soon as she saw it she knew that it must be Jim’s. It was like him.
それは価値のある時計でした。デラはそれを見るや否やジムの時計に違いないと分かりました。きっとジムに似ていると。
Quietness and value—the description applied to both.
落ち着いていて、価値がある。その両方ともジムの特徴を表していました。
Twenty-one dollars they took from her for it, and she hurried home with the 87 cents.
21ドルかかるものでしたので、87セントをもって急いで家に帰りました。
With that chain on his watch Jim might be properly anxious about the time in any company.
その時計の鎖はどこの会社にいても、ジムが時間を気にするようになるでしょう。
Grand as the watch was, he sometimes looked at it on the sly on account of the old leather strap that he used in place of a chain.
時計のすごさはジムが時々鎖に使われていた古いレザーのストラップをこそこそと見ていました。
When Della reached home her intoxication gave way a little to prudence and reason.
デラが家に着くと、興奮は冷め、慎重さと理性が沸き上がってきました。
She got out her curling irons and lighted the gas and went to work repairing the ravages made by generosity added to love.
デラは曲がった鉄にガスをつけると、愛に気前の良さを加えた壊れた個所を修繕し始めました。
Which is always a tremendous task, dear friends—a mammoth task.
それはいつも大きな仕事ですよ、あなた。非常に大きな仕事です。
Within forty minutes her head was covered with tiny, close-lying curls that made her look wonderfully like a truant schoolboy.
40分の間にデラの頭は小さいカールに覆われました。その髪型はずる休みする学生のような感じに見えました。
She looked at her reflection in the mirror long, carefully, and critically.
デラは鏡に映った自分を長い間見ていました。注意深くじっと。
“If Jim doesn’t kill me,” she said to herself, “before he takes a second look at me, he’ll say I look like a Coney Island chorus girl. But what could I do—oh! what could I do with a dollar and eighty-seven cents?”
「もしジムが私を殺さなかったら」とデラは独り言を言いました。「ジムが私を見るなり、コニー・アイランドのコーラスガール見たいっていうわね。でも、私に何が出来るの?―ああ、87セントで何が出来るというの?」
At 7 o’clock the coffee was made and the frying-pan was on the back of the stove hot and ready to cook the chops.
7時にはコーヒーが出来上がってストーブの上でフライパンが温まりチョップを料理する準備が整いました。
Jim was never late. Della doubled the fob chain in her hand and sat on the corner of the table near the door that he always entered.
ジムは遅れたことなどありません。デラは時計鎖を手に握りしめ、ジムがいつも入ってくるドアの近くにあるテーブルの角に座りました。
Then she heard his step on the stair away down on the first flight, and she turned white for just a moment.
デラは階段を上がってくるジムの足音が聞こえてくると、顔色が少しの間青ざめました。
She had a habit of saying a little silent prayer about the simplest everyday things, and now she whispered: “Please God, make him think I am still pretty.”
デラは毎日少しのことでも祈る習慣がありましたが、そのときは「神様、どうかジムが私がまだかわいいといいますように」と祈りました。
The door opened and Jim stepped in and closed it.
ドアが開いて、ジムが入ってきてドアを閉めました。
He looked thin and very serious. Poor fellow, he was only twenty-two—and to be burdened with a family!
ジムは痩せてとてもまじめそうに見えました。貧しくて、ジムは22歳です。なのに、家族を背負っているんです。
He needed a new overcoat and he was without gloves.
ジムには新しいオーバーが必要で手袋がないんです。
Jim stopped inside the door, as immovable as a setter at the scent of quail.
ジムはドアの内側で止まりうずらのにおいにじっとしている猟犬のようでした。
His eyes were fixed upon Della, and there was an expression in them that she could not read, and it terrified her.
ジムの目はデラにしっかりと向いていました。そして、読み取れない表情が込められていて、彼女は怖くなりました。
Della wriggled off the table and went for him. “Jim, darling,” she cried, “don’t look at me that way. I had my hair cut off and sold because I couldn’t have lived through Christmas without giving you a present. It’ll grow out again—you won’t mind, will you? I just had to do it. My hair grows awfully fast. Say ‘Merry Christmas!’ Jim, and let’s be happy. You don’t know what a nice—what a beautiful, nice gift I’ve got for you.”
デラはテーブルの横を通ってジムのほうへ行きました。「ジム、あなた」とデラは泣きながら、「そんな風に見ないで。髪の毛を切って売ってしまったの。だってクリスマスプレゼントをあげられないクリスマスを過ごすなんて。また伸びるわ。あなたは気にしないでしょ?そうしてしまっても。髪が伸びるのは早いわ。『メリークリスマス』と言って、ジム。幸せになりましょ。あなたのために素敵なそれは素敵なプレゼントがあるの」と言いました。
“You’ve cut off your hair?” asked Jim, laboriously, as if he had not arrived at that patent fact yet even after the hardest mental labor.
「髪を切っただって?」とジムがなんとか聞きました。頭を働かせても、真実にたどり着けない感じでした。
“Cut it off and sold it,” said Della. “Don’t you like me just as well, anyhow? I’m me without my hair, ain’t I?”
「切って売ってしまったの」とデラは言いました。「それでも嫌いにならないでしょ?髪が短くても私は私でしょ?」
Jim looked about the room curiously. “You say your hair is gone?” he said, with an air almost of idiocy.
ジムは部屋を不思議そうに眺めた。「君は髪がなくなったと言ったのかい?」とジムがおかしくなったように言いました。
“You needn’t look for it,” said Della. “It’s sold, I tell you—sold and gone, too. It’s Christmas Eve, boy. Be good to me, for it went for you. Maybe the hairs of my head were numbered,” she went on with sudden serious sweetness, “but nobody could ever count my love for you. Shall I put the chops on, Jim?”
「探さないで」とデラは言いました。「売ってしまったの。売っちゃったのよ。だから―売ってなくなっちゃったの。クリスマスイブよ、ねえ。優しくしてよ。髪がなくなっちゃったのは、あなたのためでもあるの。多分、私の髪の毛は一本一本数えられているでしょうね」デラは急に真剣になり、優しく続けました。「でも、誰もあなたへの愛は数えられないわ。チョップをかけてもいい、ジム?」
Out of his trance Jim seemed quickly to wake. He enfolded his Della.
ジムは素早く正気に戻りました。ジムはデラを抱きしめました。
For ten seconds let us regard with discreet scrutiny some inconsequential object in the other direction.
10秒の間、ちょっと変わった内容について考えてみましょう。
Eight dollars a week or a million a year—what is the difference? A mathematician or a wit would give you the wrong answer. 週に8ドルと年に100万ドル、その違いは?数学者あるいは知者に聞いたら間違った答えが返ってくるでしょう。
The magi brought valuable gifts, but that was not among them. This dark assertion will be illuminated later on.
賢者が高価な贈り物を持ってきましたが、正解ではありませんでした。暗い話になりましたが、あとで明るいものに彩られます。
Jim drew a package from his overcoat pocket and threw it upon the table.
ジムはポケットの中から袋を取り出すと、机の上に投げ出しました。
“Don’t make any mistake, Dell,” he said, “about me. I don’t think there’s anything in the way of a haircut or a shave or a shampoo that could make me like my girl any less. But if you’ll unwrap that package you may see why you had me going a while at first.” 「僕を間違わないで、デラ」「僕は、髪形や肌剃りとかシャンプーとかで女の子を嫌いにならないよ。でも、その包みを開けたら、君もわかると思うよ」とジムが言いました。
White fingers and nimble tore at the string and paper.
白い指が素早く紐と紙を破りました。
And then an ecstatic scream of joy; and then, alas! a quick feminine change to hysterical tears and wails, necessitating the immediate employment of all the comforting powers of the lord of the flat.
狂気の叫びが上がり、それから、ああ、ヒステリックな涙と嘆きはすぐに女性らしさに変わりました。このアパートの主人が急いで慰めなければいけませんでした。
For there lay The Combs—the set of combs, side and back, that Della had worshipped long in a Broadway window.
包みには櫛が入っていました。前と後ろで使うセットの櫛が。その櫛はデラがブロードウェイの窓からずっと眺めていたものでした。
Beautiful combs, pure tortoise shell, with jewelled rims—just the shade to wear in the beautiful vanished hair.
純粋な亀の甲羅と宝石が縁どられたきれいな櫛です。売ってなくなった髪にぴったりでした。
They were expensive combs, she knew, and her heart had simply craved and yearned over them without the least hope of possession.
それはデラが知る限り高価な櫛でした。そして、デラは欲しくてたまりませんでしたが、買いたいとは思いませんでした。
And now, they were hers, but the tresses that should have adorned the coveted adornments were gone.
でも今は、その櫛はデラのものになりました。でも飾りをつけられたであろうデラの長い髪はもうありません。
But she hugged them to her bosom, and at length she was able to look up with dim eyes and a smile and say: “My hair grows so fast, Jim!”
でもデラは櫛を胸に抱き、かすんだ目で見上げて笑顔で言いました。「私の髪はすぐに伸びるわ、ジム!」
And then Della leaped up like a little singed cat and cried, “Oh, oh!”
そして、デラは一匹の子猫のようにかっとなって叫びました。「なんてことなの!」
Jim had not yet seen his beautiful present. She held it out to him eagerly upon her open palm.
ジムはデラの素晴らしい贈り物をまだ見ていませんでした。デラは贈り物を手のひらに乗せジムの前に出しました。
The dull precious metal seemed to flash with a reflection of her bright and ardent spirit.
鈍い金属の光はデラの輝いた熱心さを反射しているようでした。
“Isn’t it a dandy, Jim? I hunted all over town to find it. You’ll have to look at the time a hundred times a day now. Give me your watch. I want to see how it looks on it.”
「素敵じゃない、ジム?これを見つけるのに町中探したの。時間を見るために一日に100回は見るわよ。時計を貸して。これを付けたらどんな風になるか見たいの」
Instead of obeying, Jim tumbled down on the couch and put his hands under the back of his head and smiled.
ジムはそれには従わないで、玄関に腰を下ろして、手を頭の後ろに回して微笑みました。
“Dell,” said he, “let’s put our Christmas presents away and keep ’em a while. They’re too nice to use just at present. I sold the watch to get the money to buy your combs. And now suppose you put the chops on.”
「デラ」とジムが言って、「僕たちのクリスマスプレゼントはしばらく置いておこう。それらは贈り物としては十分すぎる。僕は櫛を買うために時計を売ったんだよ。そして、君がチョップをかけた」
The magi, as you know, were wise men—wonderfully wise men—who brought gifts to the Babe in the manger.
賢者というものは賢い人です。飼い葉桶の赤ん坊に贈り物を持ってきた素晴らしく賢い人です。
They invented the art of giving Christmas presents. Being wise, their gifts were no doubt wise ones, possibly bearing the privilege of exchange in case of duplication.
二人はクリスマスプレゼントを贈る才能があります。賢くあり、その贈り物はきっと賢いもので、同じものになるといけないので、交換する特権があったのでしょう。
And here I have lamely related to you the uneventful chronicle of two foolish children in a flat who most unwisely sacrificed for each other the greatest treasures of their house.
そして、私はここにいるぎこちない関係の二人の子供の平穏な物語をお話してきました。その愚かな子供たちは家の素晴らしい贈り物をお互い台無しにしてしまったのです。
But in a last word to the wise of these days let it be said that of all who give gifts these two were the wisest. Of all who give and receive gifts, such as they are wisest. Everywhere they are wisest. They are the magi.
しかし、今日の賢者の中でも賢い賢者にこういわせてもらいましょう。贈り物をした二人はその中でも一番賢いのです。どこにいても一番の賢者でした。彼らこそ本当の東方の賢者なのです。 inserted by FC2 system